2006年03月16日

疑惑の行方

脂肪肝の疑いは晴れたのか?
GPTの値が高いという事から始まった私の「脂肪肝」疑惑も血液検査の結果から、何とか無実と断定された模様(笑)。
産業医がなぜ脂肪肝に疑いの目を向けたのか・・・。
やっぱり検査の度に「体脂肪率やや高値」と書かれているからだろう(汗)。

<GOTとGPT>
脂肪肝の場合は、GOTとGPTが軽度の異常であることが多く、GPT値がGOT値よりやや高くなります。
ウイルス性肝炎の場合は、GOT値やGPT値の変動幅が大きく、すぐ見分けがつきます。
---------------------------------------------------------------------
 
 検査と検査値 <脂肪肝を診断するときの検査と検査値>
検査          正常値           脂肪肝の場合
GOP(AST)    8〜40lU/l      軽度〜中等度上昇
過栄養性:GPT>GOT
GPT(ALT)    5〜35lU/l       アルコール性:GOT>GPT
ALP        60〜220lU/l      軽度上昇
γーGTP      50lU/l以下        アルコール性では高値
コリンエステラーゼ(CHE)
          186〜490lU/l     過栄養性:顕著に上昇もしくは正常上限近くの値
総コレステロール  120〜220mg/dl     高値
中性脂肪      50〜150mg/dl      高値
続きを読む
posted by みり at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病

脂肪肝なの?

脂肪肝?産業医に血液検査データをFAXして、返ってきた答えは・・・。
脂肪肝の可能性が高いので自費で再検査を受けてくれというものだった(爆)。
再検査は3ヶ月後でいいらしく、詳しい検査内容等は郵送してくれるらしい。
しかし・・・気にしながら待つのも嫌なので病院に行く事にした。

なんだかよく判らない検査をいっぱいするようで、検査料が5700円かかった。
痛い出費でした(苦笑)。
健康保険証は本人なのに、支払いが3割ってのも辛いです(涙)。
詳しく調べておいてもらった方が安心出来るんだけどね。

posted by みり at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 生活習慣病

脂肪肝疑惑

去年の事ですが、血液検査の数値が若干高かったことがあったのです(苦笑)。

特殊健康診断の結果が返って来た。
封筒にはさみを入れる前に・・・いつもより厚い気が。
開けてみて予感的中。
結果の他に再検査の用紙が一枚(汗)。
以前から体脂肪率やや高値で注意は受けていたけれど、今回は1ヶ月後再検査の判定。
GPTの値が若干高め。
う〜ん?肝臓かぁ(涙)。
これって有機溶剤の影響じゃないよね?

血液検査の結果を見て、真っ先に考えたのは仕事で使ってる有機溶剤だった。

春の健康診断は「特殊健康診断」で有機溶剤中毒予防規則第29条によって、有機溶剤業務に常時従事する労働者は定期に健診を行わなければならないのです。

私の使用したもので該当する溶剤と言えば・・・
ノルマルヘキサンとN・N-ジメチルホルムアミドだったはず。
ノルマルヘキサンの尿中代謝物である2.5ヘキサンジオンも、N・N-ジメチルホルムアミドの尿中代謝物のN-メチルホルムアミドのどちらも規定値を下回っていた。

それって・・・どういうこと?

続きを読む
posted by みり at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。